2010年12月19日

作曲って、むずかしい?

一般に「才能がないと作曲なんてできるはずがない!」と思われがちですが、本当はどうなんでしょう?
確かに、いきなり「世界中を感動させるような名曲」を作るのは無理かもしませんが、身近なライブハウスやストリートのオーディエンスを感動させるような曲を作るテクニックは、そんなに難しいことではないのです。

ひと昔前までは、「作曲はプロ作曲家でないと無理。」「シロウトが作曲するなんて至難の業」と言われてました。
しかし最近では、無名だったミュージシャンが、たった1曲でスターになってしまうことも可能な時代になっています。
その大きな理由は、曲を聴くほうの意識が大きく変わったからと言えます。
ヴォーカルのメロディーラインより、むしろリズムがよかったり、コーラスがかっこいい曲が好まれる時代になりました。

つまり音楽のセンスやレベルが大きく変わっているのです。

24のジャック・バウアー
携帯作家デビュー
自作の歌詞作曲
音楽を楽しむ


同じカテゴリー(NEWS)の記事画像
居酒屋 春夏秋冬
イッセー尾形 in 秋の小倉
北九州名物パイプオルガン
第30回西日本陶磁器フエスタ開催
《北九州芸術劇場》SISTERS公演
「ギャラクシーサマーパーティ」開催中
同じカテゴリー(NEWS)の記事
 初心者・中級者のアマチュアアーティストのために (2011-01-09 20:05)
 ギター派かキーボード派か (2010-11-14 04:29)
 ジャック・バウアー役のキーファー・サザーランド (2010-10-28 21:24)
 居酒屋 春夏秋冬 (2008-12-03 12:07)
 イッセー尾形 in 秋の小倉 (2008-11-04 17:11)
 「高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト」を聴いて (2008-10-17 15:33)

Posted by arika at 03:20 │NEWS