2010年11月14日

ギター派かキーボード派か

最近は、キーボードが結構安価で手に入ることもあってか、ある程度作曲に目覚めた人は、キーボード派が多いようです。
確かにキーボードならではの音色の変化や、編曲バリエーションの豊富さは、なかなか楽しめるしリズムパターンも正確にトレースできますから、アマチュアにとっては大変便利なものでしょう。
自由度が広い反面、どうしてもメロディー主体での曲調となり、結果耳ざわりは良いが主張性の弱いものが多いようです。
その点、ギター派は、心情のフレーズが先行し先ずは3コードを基本に音作りを進めていく事から、テーマと主張するものがわかりやすい楽曲になると言えます。
フォーク系にギター派が多いのは、当然のことと言えましょう。

作曲の方法
作曲の上達
通販は私書箱で
趣味と実益を人生


同じカテゴリー(NEWS)の記事画像
居酒屋 春夏秋冬
イッセー尾形 in 秋の小倉
北九州名物パイプオルガン
第30回西日本陶磁器フエスタ開催
《北九州芸術劇場》SISTERS公演
「ギャラクシーサマーパーティ」開催中
同じカテゴリー(NEWS)の記事
 初心者・中級者のアマチュアアーティストのために (2011-01-09 20:05)
 作曲って、むずかしい? (2010-12-19 03:20)
 ジャック・バウアー役のキーファー・サザーランド (2010-10-28 21:24)
 居酒屋 春夏秋冬 (2008-12-03 12:07)
 イッセー尾形 in 秋の小倉 (2008-11-04 17:11)
 「高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト」を聴いて (2008-10-17 15:33)

Posted by arika at 04:29 │NEWS